法人ETCカードとは?一般ETCカードとの違いについて徹底調査!

法人ETCカードとは?一般ETCカードとの違いについて徹底調査!

法人ETCカードの説明

法人ETCカードとは、個人でもてるETCカードとは違い会社などの法人が利用できるETCカードです。大きく分けて、クレジットカード会社から発行されているものと組合より発行されているもの、高速道路会社より発行されているものがあります。それぞれカードによって審査の基準、特典、魅力などが異なってくるので法人にあったものを吟味して選ぶようにしましょう。法人でETCカードを利用するメリットのひとつは、口座の引き落としが一括だという点。経費の計算も楽になるでしょう。

法人ETCカードと一般ETCカードの違い

各家庭に1枚はもっているであろうETCカード。この一般ETCカードを会社でも利用すればいいのでは?とお考えの方もおられるかもしれません。一般ETCカードに比べて法人ETCカードは、月々の請求がどの社員が、何時、どこで、いくら使用したかなどの詳細が、一括でくるため事務の負担が減ります。他にも確定申告もスムーズにいくこと、個人の出費と会社の経費をはっきり分けるためにも法人にとって法人ETCカードは魅力だといえるでしょう。

ETCパーソナルカードの紹介

ETCパーソナルカードは、6つの高速道路会社が発行している有料道路での支払いに限定されているETCカードです。特徴としては、デポジットを預けることで審査などなく、誰でも簡単にETCカードがもてます。デポジットの金額は、月の平均利用金額の4か月分として計算します。例えば、10,000円が平均利用金額だと40,000円を預けないといけません。注意点として、5,000円未満でも5,000円と計算され最低でも20,000円のデポジットを預ける必要があります。

ランキング一覧
  1. クレジット審査がない高速情報協同組合がおすすめ
  2. 高速料金の割引など様々なメリットを受けることのできるETC協同組合
  3. クレジットカードを持ちたくない人に嬉しいETCパーソナルカード